支持線と抵抗線とは

支持線や抵抗線は、主にFX投資や株式投資では使用されており、テクニカル分析等を行う上ではとても重要なラインの一つです。 支持線をもっと詳しく言うと「下値支持線」とも言われており、この支持線とはこれ以上は下がらないように市場の参加者が支持しているラインということが出来ます。 つまり、値下がりはその基準によって止まりやすいラインであると言う事にもなります。 一方、抵抗線というのは、これも詳しく言うと「上値抵抗線」ということとなり、市場の参加者はこれ以上上がらないように抵抗しているといった意味があります。 つまり、値上がりの場合には、その時点で売り浴びせる市場参加者が多いこともあって、上昇傾向がその基準で止まりやすいということとなりますFX投資や株式投資を行うには、投資のタイミングが一番重要となります。 その支持線と抵抗線を押さえておく事は、投資のタイミングを計る上で優れている訳です。 例えば、投資においては将来値上がりしそうだといえば、「下値支持線」付近の値で買いの投資を行えば良いのです。 そして、その売りのタイミングについては「上値抵抗線」付近で売れば利益を上げることが出来る訳です。 なお将来値下がりしそうだといえば、「上値抵抗線」付近で売りから入り、将来「下値支持線」付近で買い戻しをすれば、その差額を儲けることが可能です。 つまり、投資のタイミングを的確に捉える上では、こういった支持線や抵抗線のラインを引いて、それを視覚的に解りやすくすることが大事です。 これはFXであっても株式投資であったとしても、相場を張る上では基本的なテクニカル分析でもありますので、それを活用することは初心者にとっても重要であります。

ピックアップリンク

FX初心者はこちら

FX